セミナーの具体的な内容とは

看護師の知識と技術アップを図る上で有効な看護師向けのセミナーについて実際にはどのようなことが行われているのか見てみましょう。

セミナーのテーマは実に様々ですが、人気のテーマのひとつであるがん患者に関するセミナーの一例を見てみましょう。
がんは自分の命と向き合うとても深刻かつ辛い病気です。
医療技術の進歩によって治る病気になってきたとはいえ、治療が長期にわたることも考えられ、患者本人はもちろん家族に対しても手厚いケアが必要な病気といえます。
治療方法についても手術、抗がん剤、放射線など様々かつ専門的な方法がとられ、患者個々に対して行われる医療行為もそれぞれのケースに合わせて違っています。

がん患者が一般病棟に入院することも少なくなく、看護師にとってがん患者に対するケアの方法を学ぶことはとても良いことです。
がんに苦しむ患者の生活をより豊かなものにし、家族の精神的な負担を減らす看護ケアが求められています。

がん患者への対応とケアに関するセミナーでは実際の事例を用いながら、がん患者へのケアを実践的に学ぶことができるのです。
たとえば疼痛ケアや患者や家族への精神面も含めたサポートを学ぶのもよいかもしれません。
また、がん患者の精神面・身体面の苦痛を取り除くことを第一に考えた緩和ケアについて学ぶのもいいかもしれません。

がん患者対応のセミナーに多い内容としてはがんの痛みに対するケア、薬物療法や非薬物療法に加えタッチング演習なども人気の講座となっています。
スピリチュアルペインをテーマにした事例検討も最近は人気で、がん患者のみならずすべての病に苦しむ人への対応に役立つ内容として注目されているのです。
がんの告知と患者、家族への援助やニーズの聞き取りといったコミュニケーション能力を伸ばすような内容のセミナーも人気です。

こうしたセミナーを通じて、実際に日々自分が接している患者を改めて新たな視点から見直すことにもつながり、より質の高い看護ケアとはなんなのか考える良いきっかけにもなります。
日々の業務に追われ、看護とはなんなのか考える機会をもつことは日常の中ではなかなか難しいことですが、こうしたセミナーへの参加を改めて看護師としてのスキルを磨くチャンスにしたいものです。

自分が専門としたい看護分野はどこにあるのかということをメインにセミナーを選ぶのもいいですし、今自分が日々の業務の中で不足していると感じる分野についてセミナーを受けるのもよいでしょう。
学ぼう、学びたいという姿勢があるからこそ、看護師としての技術はより身につくものですし、そした気持ちを持ち続けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>